頭脳線が描く才能

頭脳線が描く才能

頭脳線は掌の真ん中を横切る線。実は西洋手相術ではこの線を『Head Line』と呼び、これが『頭部の線』となり転用されて『頭脳線』となったとも言われています。本来は『主要な線』『1番目の線』という意味でその人自身を表すとも言われています。東洋手相術でも『人紋』と呼びその人自身を表します。よって、その人の性格や才能も示す線でもあるのです。

手相ーメジャーライン

メジャーラインと呼ばれる主要線。特に生命線・頭脳線・感情線の位置は覚えておこう。

頭脳線の長短で観る性質

薬指と小指の間を基準として(点線部分)、そこまで到達しない場合は短い頭脳線、そこを超えるものが長い頭脳線となります。

手相の見方ー短い頭脳線

短い頭脳線の位置の例。基本線まで届いていない。

短い頭脳線は目標へのアプローチも一直線の物質中心主義。実際的なことを重視し即断即決の傾向があります。専門的な仕事をする人に多くみられます。

手相の見方ー長い頭脳線

長い頭脳線の例。基本線を超えている。

長い頭脳線は探求心が強く多方面に関心を抱き熟考型。多様性を好む傾向があり順応性も高いです。専門的な仕事の中でも多様性を求める人は長めになります。

頭脳線の開始位置で観る性質&開運の鍵

手相の見方ー頭脳線の開始位置の例

頭脳線の開始位置の例。a:離れ型・b:一致型・c:長く重なり型。

a.生命線から離れて開始

別名「川字紋」とも言われるこの離れ型相の人は家でじっとするより活発にあちこち動き回って変化を求める人。意思表示もはっきりして個性的。困難に直面しても粘り強い。聡明で情熱的で中年から晩年で発展する相といわれています。仕事やボランティアの社会活動が開運の鍵。

b.生命線と開始位置が同じか重なりが短い(1センチ未満)

この一致型相の人は順応性にすぐれ人と上手く合わせていける人。そのため相手から求められることも多く受け身になりやすい傾向も。何事も慎重で思慮深く大きく失敗することはばいけど大きな成功も少なめ。石橋を叩いて渡るタイプ。何か一芸を磨き自分に自信を持つことが開運の鍵。

c.生命線と開始位置の重なりが長い(1センチ以上)

この長い重なり型相の人はbの人以上に慎重で自己主張は少なめ、幼少期は特に温和で内向的。与えられた仕事は責任をもってやり遂げるのでまとめ役や調整役としての能力が高い。繊細で失敗に対する精神的打撃から立ち直るのに非常に時間がかかるので、このタイプの人が表面で明朗にふるまっていても内面は深く傷ついていることが多い。自分一人の時間を持つこと、相談できる先を確保しておくことが開運の鍵。

頭脳線のカーブ具合で観る性質と才能

頭脳線が描くカーブ具合でその人の性質と才能を観ることができます。

直線的な頭脳線

手相の見方ー直線的な頭脳線

直線的な頭脳線。

まっすぐ直線的な人は実用主義で分析が得意、計画力のある人が多い傾向があります。
線の終点位置にもよりますが、数学・科学・技術・事業の才能を大いに秘めています。

緩やかにカーブしている頭脳線

手相の見方ー緩やかにカーブをしている頭脳線

緩やかにカーブをしている頭脳線

緩やかにカーブしている頭脳線は実際的な傾向とともに、より実験的、創造的な仕事、企画力の必要な仕事に向きます。また柔軟でコミュニケーション能力の高い人が多く、言語能力を必要とする文学方面、社会科学、心理学の方面の才能を大いに秘めています。

頭脳線の終了位置で観る性質と才能

手相の見方ー頭脳線の終点の位置のパターン

頭脳線の向かう終点位置の例

頭脳線はa~eのように水星・火星・月・地のそれぞれの星のエネルギーエリアに向かいます。右側に青色系で上下矢印で書いているように上のほうに向かうほど、『現実主義、物質主義、合理主義』の傾向が強まり、下のほうに向かうほど『想像的、精神主義、理想主義』の傾向が強まります。
この図でいくと火星丘と月丘の間のc方面の位置が中庸となります。
ここを境にそれぞれの傾向と星が持っているエネルギーが非常に強まります。

aに向かうと

物質主義が極まり、水星のコミュニケーション能力が自己中心に出て計算高く、目的達成のために手段を択ばない傾向があります。
金銭面の管理には非常に有能。

bに向かうと

合理主義で実際的で結果重視な傾向があります。火星持つ忍耐力、高潔さが発揮されルール重視になります。また自分のやり方に自信を持つ人が多いのも特徴的。冷静で仕事の有能な人が多いです。若干情に欠ける面があります。(注:他の線でも情愛は観るのでここだけでは決まりません)

cに向かうと

非常にバランス感覚の優れた人で何においても適正を見せます。実際に即して物事の判断ができ、それでいて理想を忘れず進むことができます。さらに緩やかなカーブを持ち、線がすっと筆で書いたように伸びている人であれば抜群のリーダー性を見せてどのような大仕事もやり遂げる能力があります。

dに向かうと

理想主義で過程重視な傾向があります。月の持つ直感力にも優れ、芸術性や創造性を見せます。物質的なものよりも精神的なものに魅かれます。

eにむかうと

理想主義が極まり実際的な活動が困難な傾向に。想像性が社会と隔離して妄想の域になることも。地丘(冥府)への探求が深くなりすぎるとオカルト的なものへの異常な執着が健全な精神性を損なうことも。2重頭脳線(2本の頭脳線を持つ人)の場合で片方が実際的な線(a,b,c方面に向かう)であれば、非凡な芸術家として大成することもあります。

特例:頭脳線が2本(3本)、または枝割れする場合

頭脳線が複数ある場合や枝分かれする場合は、それぞれの線の特性を上記の分類に照らし合わせて観ます。こうした方は複数の性質や才能を持つことを示します。実際の鑑定の場では線の強弱や、質でどの線が優位になるか等の細かな判断をしていきますが、今回は家庭や友人間のミニミニ鑑定ですので、こうした性質もあるのか、才能もあるのか、とう捉え方で良いかと思います。日々、手相は変化しますし種があるということですので、自身に望ましい性質や才能と感じたものにフォーカスをあてていくと伸びていきます。

感情線と頭脳線が一体になったマスカケ線の場合

こちらのについては以前、別の記事でまとめて書いたものをご参照ください。

完璧なマスカケ相・仕事やものごとに執着を見せる人の相

と、ざっとですが頭脳線が描く才能・性質・開運の鍵の基本的な見方を解説していきました。実際はもっと複雑で多岐に渡る紋様を見せるのですが、それはまた応用編として別稿で書きたいと思います。
どうでしたか?あなたの頭脳線はどんな才能を描いていましたでしょうか。どの星のパワーを持っていたでしょうか?
ご自身の持つ可能性の種、みつかったでしょうか?

記事)小鳥遊-たかなし-

占い鑑定メニューのご案内

 

関連記事

占い鑑定メニューのご案内

占い鑑定メニュー


お問い合わせ

占術家&マネージャー紹介

小鳥遊とChikaさん

小鳥遊 陽柊(たかなし はるひ)
手相家・占い師。鑑定歴20年以上。自分の人生を輝いて生きると決めたあなた自身のこと―恋愛・お金・仕事・対人・運勢等―を詳しくお伝えいたします。
右はマネージャーのChikaさん。

も少し詳しいprofileは→こちら

最新の記事

  1. はじめての手相講座(18)東洋手相術的メジャーライン

  2. はじめての手相講座(17)西洋手相術的メジャーライン

  3. はじめての手相講座(16)手相で挫折あるある

  4. はじめての手相講座(15)掌の惑星

  5. はじめての手相講座(14)右手左手

人気記事

  1. 『ユーモア線』|ヌコ神れーにゃのメッセージ【19】

  2. はじめての手相講座(3)指はアンテナ

  3. 掌の9つの丘に宿る星

  4. 『V字太陽線』|ヌコ神れーにゃのメッセージ【12】

  5. 『文殊紋』|ヌコ神れーにゃのメッセージ【9】

TOP
error: Content is protected !!